サッカー

サッカーをされている方の多いお悩み

→接触プレーで足首を捻ってしまい痛い

捻挫

捻挫の大半は足首を内側に捻ることで起きてしまいます。

そのため、足関節の外側にある靱帯(前距腓靱帯)を損傷しやすいです。

サッカーは相手選手との接触も多く、ボールの競り合いなどで怪我をしやすいスポーツです。

捻挫はサッカーだけでなくスポーツ全般で起きやすく、一度捻挫をしたときにしっかり固定をして治さないとクセになってしまうので、捻った際はすぐに治療を開始しましょう。

例えば、、、

・走っていると痛む

・シュートやパスなどでボールを蹴ると痛い

・歩くだけでも痛む

・体重を乗せる軸足が痛い

どんな症状が出るの?

足関節の外側(くるぶしの下の方)に痛みや腫れ、熱感が出てきます。

ひどい場合は何日か後に皮下出血斑(青あざ)が出てくるときがあります。捻った直後は強い痛みの為、立てないこともありますが、少し休めば動けるようになります。

靱帯の損傷と同時に骨折を併発していることもあるため腫れや皮下出血斑がひどい場合は当院で提携している整形外科をご紹介させて頂きます。

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状をみながら、下記の治療方法を組み合わせて患者様1人1人に合わせた治療をしていきます。

捻挫を起こした場合は、患部の治療も行いつつ、捻挫に関係する筋や靱帯、関節へのアプローチを重要視して治療を行っていきます。

電気治療

名古屋市のめいほく接骨院で、ソーマダイン治療を足首に受けているところ

ソーマダインは、傷んだ細胞を修復し活性化させてくれます。人間は細胞組織が損傷すると体内に微弱な電流を流し自己修復していきます。ソーマダインはその微弱な電流を人工的に作り出し、損傷部位の治癒を促進させます。

各プロスポーツ界でも様々な競技の選手が利用している最新治療器です。

 

 

生活指導

痛みが治まるまでは運動はせずに安静にさせることが一番です。

痛いのを我慢してプレーを続けても、いいパフォーマンスはできず、捻挫も長引くばかりです。

捻挫は早期の対処と治療が重要なのでなるべく早めに治療していきましょう。