テニス

テニスをされている方の多いお悩み

→サーブ時に肘の外側に痛みがある

テニス肘

一般的に、テニスのバックハンドで起こりやすい肘の外側(上腕骨外側上顆炎)による痛みによる運動障害をテニス肘と言います。原因としてはオーバーユース(使い過ぎ)が主で、テニスを始めたばかりの人やラケットを支える筋力の弱い40~50歳の女性を中心に痛めやすいです。

この怪我は、ゴルフやバトミントンなどほかのスポーツ障害でも起きやすく、また手をよく使う作業をする人にも出やすい症状です。

例えば、、、

・サーブを打つ時に強い痛みが走る

・腕の外側が痛くて、腕に力が入りにくい

・力を入れると痛む

どんな症状?

ラケットを振る際の肘から前腕にかけての痛みや肘の外側の痛み、手首を曲げ伸ばしした時の痛みや熱感がある時があります。普段の生活では力を入れて物を持ち上げたり、タオルを絞るような捻じる動きなどで痛みが出やすくなります。

めいほく接骨院の治療方法

当院では患者様の症状をみながら、下記の治療方法を組み合わせて患者様1人1人に合わせた治療をしていきます。

テニスは打ったり走ったりとかなり運動量が多いスポーツであり、様々な怪我を負ってしまうことも多く、激痛を伴うものもあるので、テニスで怪我をして痛みを引き起こしてしまった場合には早めの治療をして行きましょう。

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪み改善て痛みを根本から治療し、体のバランスを整えてスイングフォームから見直していきます。

肘の痛みのある患部だけに対して治療をするだけでは根本的な治療にはなりません。肘と連動している筋肉や関節・骨盤なども調整していきます。

体全体のバランスを整えていくと同時に、痛みの根本原因からの施術をおこない治療していきます。
練習後にも身体に疲れや痛みなどが出にくい体づくりも行っていきます。

 

電気治療

名古屋市のめいほく接骨院で、ソーマダイン治療をひじに施しているところ

微弱電流治療器のソーマダインは、傷んだ細胞を修復し活性化させてくれます。人間は細胞組織が損傷すると体内に微弱な電流を流し自己修復していきます。ソーマダインはその微弱な電流を人工的に作り出し、損傷部位の治癒を促進させます。

各プロスポーツ界でも様々な競技の選手が利用している最新治療器です。

 

アイシング

名古屋市のめいほく接骨院で、アイシングの治療をしているところ

痛みが強い時は炎症が強いため、炎症を早期に抑えるためのアイシングをしていきます。

痛みが出た時の早い対処が早期治療につながります。

 

 

テーピング(伸縮性あり)

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるキネシオテーピングを使います。

このテーピングは張ったままで動かすことができ、さらに筋肉の補助をしてくれます。

また、テーピングを前もって貼っておくことが怪我の発生の予防にもなります。

 

生活指導

痛みがでなくなるまでは安静にし、練習は休んでスイング動作などはしないようにしてください。

痛みが治まってきても練習は制限することは大切です。急に元の練習量に戻さずに徐々に練習量を増やしていきましょう。

そこから効果的なストレッチや体幹トレーニングなどを指導させて頂きます。

スポーツ中の痛みでお悩みがある場合は早めに治療を開始しましょう。