腸脛靭帯炎

  • 膝の外側に痛みが出る
  • 膝の外側の痛みで曲げ伸ばしができない
  • 走っていると徐々に痛くなって走れない
  • 膝に体重を乗せた時に激痛がある
  • 膝の外側を押すと痛みがでる

腸脛靭帯炎とは・・・

腸脛靱帯炎はランニングによる膝障害で発生頻度の高いケガです。膝の屈伸運動を繰り返すこ

とによって腸脛靱帯が大腿骨外顆(太ももの骨)と接触して炎症が起きてしまう典型的なオーバーユースシンドローム(使い過ぎ)です。

特にマラソンやランニングをしている長距離ランナーに発生しやすくなります

そのため、別名ランナー膝とも呼ばれています。

腸脛靭帯炎の原因は・・・

一番多い原因は走りすぎや使い過ぎによる疲労の蓄積からのケガです。

走行距離や練習量が増えることにより腸脛靭帯と大腿骨との摩擦が増えることや疲労の蓄積に

よって筋肉が硬くなり関節への負荷がかかって炎症が起き痛みにつながってしまいます。

 

次に走っている場所や履いているシューズが原因になることもあります。

一般的な道路は水はけを良くするため端の方が低くなるつくりになっています。走る場所によって道路の端を走ってしまうと片方の足だけに負荷がかかり、身体の左右のバランスが偏ってしまいます。

道路の右側を走る事が多いと、右側が低くなっているため、足の外側ばかりに負荷がかかります。そのため腸脛靱帯に疲労や負荷が蓄積し痛みにつながっていきます。痛みがある時はなるべく平らな道や芝生のような柔らかい所を走るようにしましょう。

また、走っている時の衝撃を吸収してくれるのに重要な役割をしてくれるのがランニングシューズのクッション性です。シューズの底が硬かったり、薄過ぎたりすると衝撃がもろに膝にかかるため痛みを引き起こしやすくなります。

名古屋市東区のめいほく接骨院・整体院の根治療法

骨盤矯正

当院独自のSPT骨格バランス矯正法で身体の歪みを根本的に改善し、ランニングフォ

ームや体のバランスを改善していきます。足に痛みが出ているからといってその患部だけに対

してアプローチをかけるだけではなく、骨盤や、背骨なども調整していきます。身体全体のバ

ランスを調整していくと共に、根本治療をおこなっていきます。

トップアスリート達も導入している特別医療機器を使用し、「深層筋」「神経」「筋膜」の状態を当院独自のノウハウでバランス良く調整し、身体が本来持っている最も自然な状態に戻して、さらにそれを脳に記憶させていきます。

骨盤はすべての土台となります。その土台がくずれることで体全体のバランスが崩れてきます。そのバランスが崩れることで、筋肉の緊張を生みます。

地震の時の高層ビルをイメージしてください。
地面が揺れることで、上の階はさらに大きく揺れますよね?

身体も同じで、首が痛い方、足が痛い方も土台である骨盤が歪むことで
さらに大きく首・足に影響します。

腰痛の方だけでなく首のコリや足の痛みがある方も土台である骨盤矯正(SPT骨格バランス調整法:骨盤整体)で痛みの根本を解決することができます。

骨盤矯正は、ボキボキ・バキバキしませんので安心してください(^^)/

 

特殊電気治療

「プロテクノEXE」は、神経と筋を同時に再教育することをコンセプトに開発されました。
普段使われていない筋肉を刺激し、神経がその刺激を脳に伝えることでその筋肉を使うように認識させることにより、神経痛・肩こり・膝痛・腰痛などの緩和から筋肉の引き締め、基礎代謝量の向上、血液循環の改善(毒素排出)、身体の歪みの矯正、自律神経の正常化などを効率的に促します。

 

テーピング・生活指導

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるので張ったままで動かすことができ、さら

に筋肉のサポートをしてくれます。また、テーピングを事前に貼っておくことで障害発生の予

防にもなります。

痛みが治まるまでは安静にし、運動は休んで効果的な大腿部(太もも)のストレッチなどを指

導します。痛みが治まってきてもまた無理をして運動をすると再発を繰り返してしまうので完

全に治しきることと、ランニングフォームの改善や筋力アップを指導していきます。