ウォーミングアップとクールダウン

2018年05月28日

こんにちはめいほく接骨院の前田です。

 

さて今日は運動前と運動後にすることのお話です

運動前にすることといえば

ウォーミングアップとクールダウンですね

皆さんは行っていますでしょうか?

今日ウォーミングアップとクールダウンの効果を書いていきます。

ウォーミングアップからです!!!

1、体温の上昇

運動に適した体温及び筋肉の温度を作ります。

体の隅々まで血液を循環させることにより、筋肉の硬さをほぐし

運動に適した柔らかさにする効果があります。特にこの寒い季節は

この効果を発揮させることが重要となってきます。

2、運動時の怪我を予防する

十分に関節回りや筋肉を温めておくと、運動による体への衝撃を受け止める用意ができ、

怪我や故障の予防につながります。

次にクールダウンです!!

1、疲労の軽減、柔軟性の回復、傷害予防

運動終了後、筋肉の中にたまった疲労物質を排出する効果が期待できます。

硬くなった筋肉をゆるめ、柔軟性を回復させると同時に、

ケガをしてなかったとしても運動で筋組織は傷つきます。そこの修復も進めることができるた

め、傷害、筋肉痛予防につながります。

2、身体への負担を軽減する。

限界ギリギリまで追い込んだ有酸素運動など、運動強度が高ければ高いほど、

筋肉と心臓は連動して血液を体内に循環させています。

急に運動を中止すると筋肉中にある血液は内臓へと戻りづらくなり、めまいや体調不良につな

がる恐れがあり、最悪の場合は心停止などにもつながります。

徐々に強度を落とすクールダウンを取り入れることで、無理なく全身への血流回復を促し、体

への負担を軽減し、そういった症状の予防ができます。

クールダウンやウォーミングアップは、軽いジョギングや、ストレッッチ何でも構いません。

身体をしっかり温めて、より良い運動を行い、次の日に身体の疲れを残さないように

しましょう!!

クリックすると新しいウィンドウで開きます

めいほく接骨院では患者様への運動指導も必要であれば、積極的に行っています。

運動を行うことで完治に近づく症状もたくさんあります。

わからないことがあれば、何でも聞いて下さいね

それでは