困った時のツボ押し(肩こり、頭痛編)

2018年01月21日

こんにちは!名古屋市北区にあります、

むち打ち治療、スポーツ外傷、骨盤矯正など

様々な症状の患者様にご来院頂いているめいほく接骨院上飯田院の前田です

来週から今年一番の冷え込みになるようです。

風邪をひかないように十分に防寒対策をしてお出かけしましょう。

 

さて今日は自宅でもできるセルフケアについてご紹介します。

それはツボ押しです

皆さんもツボという言葉をよく耳にすることがあると思います。

ツボは正式には 経穴(けいけつ))といいます。

中医学、漢方医学、経絡学の概念で、体内の異常に応じて身体の特定の部位に対応して現れる

ものです接骨院では馴染みは薄いですが、あんま、指圧、鍼、灸を扱う治療院では

刺激を与えることで体調の調整、症状の緩和をはかる治療法がとられます。

 

今日はそんな経穴の中から肩こり、頭痛に効くものをいくつか紹介します

1、肩井(けんせい)

肩井(けんせい)

肩に直接触れて刺激をします。肩井は肩こりを感じやすいエリアにあり、

コリがツライ部位と一致するという人もいますので非常に効果的です。

押し方 首の付け根(頭を前に倒した時に首の付け根付近に出てくる骨)と肩先の中間点

あります。押さえると痛気持ちよく感じるかもしれません。

例えば左側の肩井を押したい時は、前方から右手を回して右手中指を当てましょう。

2、合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)

合谷は、肩こりや頭痛、ストレス症状にも効果が期待できます。

また顔面部や目などのトラブルなどにも効果的です

他にも様々な症状に効くことから万能のツボと言われます。

押し方 

手の甲側の人差し指と親指の交わる部分のくぼみで、人差し指側にあります。

人差し指の骨の内側を押し上げるように圧をかけましょう。

3、風池(ふうち)

風池(ふうち)
自律神経のアンバランスは肩こり等にも影響しますが、風池は自律神経を整え、

目の疲労も緩和して首・肩周り、頭部の血行を改善する効果が期待できます。

風池は肩より上の体調不良には何にでも効果的です。

押し方

頭部を手で支えるように当て、親指を耳の後ろにある骨の出っ張りから内側へずらし、髪の生え際にあるくぼみを探しましょう。

頭の中心に向かって押します。

 

以上三つを挙げました。

なかなか自分自身でマッサージすることは難しいですが

ツボ押しは手軽にすることができます。

肩こり、頭痛が気になる方は是非お試しください。