自分自身の健康であるということ

2018年01月29日

こんにちは!めいほく接骨院の高井です☆彡

今日も寒いですね~((+_+))昨日よりかは、気温が上がるみたいなのでよかったです♪

 

むち打ち症を治すには、意識を強く持っていただきたいと言いましたが、現実問題として仕事を休んだり、抜け出して治療に通うことが難しい方もおられるかもしれません。

確かに、ご自身も仕事をしながらの通院では、仕事にも集中しにくいでしょうし、実際、

毎日通院するということ自体大変なことです。

しかし、これを別の角度から考えてみましょう。

いい仕事をするのも、家族を養っていくのも、全ては健康な体があってこそできることではないでしょうか?

特に回復しかけの方は、痛みがだいぶ楽になったことを完治したと勘違いしてしまい、自己判断で通院をやめてしまう方がいらっしゃいます。

しかし、むち打ち症のような症状は、中途半端な状態で手当てをやめてしまうと、

慢性の肩こりや頭痛、眼精疲労などの後遺症として残りやすいのです。

忙しい中、時間をやりくりして通院することは確かに大変なことです。

だからといって、自己判断で通院を止めてしまうことは、決してお奨めできることではありません。

治療のための時間は、できるものではなく、作るものです!!

補償を受けながら治療が受けられるときにきちんと体を回復することを第一優先とするか、

だましだましで体に無理をさせてしまい、生涯の持病にしてしまうかは、あなた自身の判断次第になります。

 

交通事故治療でお困りの方はめいほく接骨院へ(*^^)