花粉症について 

2017年10月14日

こんにちは、上飯田院の中山です。

最近は暑い日が多く気温が安定しませんね・・・

体調管理はしっかりしましょう!

 

さて、今回は花粉症についてお話しします。

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。

 ①季節性アレルギー性鼻炎

  鼻の三大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり)だけでなく、

  目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多い。

  アレルゲン・・・スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、

          シラカンバなど。

 

 ②通年性アレルギー性鼻炎

  喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。

  アレルゲン・・・ダニ・家の中のちり(ハウスダストなど)・ゴキブリなどの昆虫、

          ペットの毛・フケなど。

 

ここで簡単な花粉症チェックの方法を教えます!

    ・透明でサラッとした鼻水が出る。

    ・1週間以上、鼻水やくしゃみが続いている。

    ・目と鼻にかゆみをともなう。

    ・1日中くしゃみが止まらないことがある。

    ・熱はあっても微熱程度で高熱ではない。

 チェックが多いほど花粉症の可能性があります。
 また予防としてマスクをする、洗顔をする、服をよく払うなどが挙げられます。
 症状が出てきたらまずは専門の医療機関へ受診しましょう!
 
今の時期が花粉のピークですが、花粉に負けず楽しい秋を過ごしてください(^▽^)/