足底筋膜炎! 足の悪さは体の不調です! 

2018年03月29日

こんにちは、上飯田院の中山です。

 

今日は足底筋膜炎について書きます

これは症状として足の裏、特に親指側の土踏まずの後ろあたりが

痛くなるものです

メカニズムとしては縦アーチが崩れ足底腱膜が過剰に伸ばされたり、

歩行のたびに伸び縮みさせられたことにより、靭帯に微細な断裂傷が付くことで

炎症を引き起こします。酷使され切れかかった輪ゴムをイメージしてください

まとめ_18

 

5つの予防法として

  • 適度な運動により、筋肉のボリュームを維持する…伸びる量を減らす
  • 過度な体重の増減(主に増加)に注意…伸びる量を減らす
  • 大きめのサイズや、ゆったりしすぎの靴を履かない…伸びる量を減らす
  • 靴の紐はしっかり締める…伸びる量を減らす
  • ストレッチで足底腱膜や腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)を柔軟に保つ…伸びても大丈夫な柔軟性)

 を心がけましょう!

 

足が使えないと不便ですし、足元からの身体の歪みというものも出てきてしまいます

もし足が痛いと感じたら当院へお越しください

安心、安全な治療で患者様の不安をやわらげます!!