頭痛について

2018年03月20日

こんにちは、身体の様々な悩みを抱えた方が来院される、めいほく接骨院上飯田院の前田です

最近は天気がスッキリしませんね

雨ばかりだと気分も晴れないので、スッと晴れるといいですね!

 

今日は頭痛についてのお話です

当院にも一日一人は頭痛でお悩みの方がご来院されます

皆様には頭痛に何種類かあるのはご存知ですか?

首、肩などの筋肉の硬さから来る緊張性頭痛片頭痛に分かれます。

 

まずは緊張感頭痛についての解説です

 

<痛みの特徴>
・頭をギューッと締め付けられるような痛み、圧迫感、重い感じがいつからともなくはじまりダラダラ続く

・後頭部を中心に両側が痛くなる

・首や肩のコリや目の痛みを伴う

<原因>

筋肉が緊張することから痛みが起きます。その原因は、

・ふだんの姿勢の悪さ

・首の骨などの骨格・体型の歪み

・首や肩のコリ、緊張

・目の疲れ、歯の噛み合わせ

・ストレスや精神的な緊張

が考えられます

 

次は片頭痛です

<痛みの特徴>
・拍動性(脈拍に合わせてズキンズキン)

・頭の片側が痛む(両側の場合もある)

・痛みのピークに吐き気がすることも

・前兆がある場合も 閃輝暗転(星がチカチカ)、視野が欠ける、生あくび、肩こり、首すじのはり

・身体を動かすと痛みが強くなる

・遺伝することが多い

<原因>
血管が拡張して周囲の神経が引っ張られて痛みが起きます。なぜ血管が拡張するかはわかっていませんが、次のようなことが誘引と言われています。(人によって異なる)

・睡眠不足など生活リズムの乱れ

・緊張状態から開放されてホッとしたとき

・雑踏・人ごみ

・熱いお風呂、サウナ

・月経(女性ホルモンの影響)

・アルコールや特定の食品

・休日のぐうたら・寝すぎ(過度のリラックス)  など

いずれも誘引から自律神経に影響して、血管の収縮・拡張のリズムが乱れて頭痛が起きると思われます。

 

ざっくりと説明しましたが

接骨院の治療で得意とするのは緊張性頭痛です

首肩のこりに頭痛を伴うという方は

ぜひ一度当院にご相談下さい