健康寿命と歩くことの重要性

2018年07月31日

こんにちは名古屋市北区 東区にありますめいほく接骨院の齊藤です。

健康寿命ってご存知ですか?最近の医療は進んでおり、この健康寿命にとても注目が集まっています。寿命なら結構の人が聞いたことがあり意味も分かっているかと思います。ですが健康寿命の認知度はそこまで高くはありません。そもそも寿命とは、生命が産まれてから死ぬまでの時間のことを言います。これはご存知ですよね?

これに対して健康寿命とは、健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間のことです。近年は寿命ばかり長くなり健康寿命が伴って伸びていないことに問題があります。つまり生きている時間が長くても、ベッドの上で寝込む生活が続いたり、健康面で問題があるなどその人の望んでいる生活が送れない時間が長くなっています。

そこでどうすればこの問題を解消出来るかというところが重要になってきます。解決策としては様々な方法があると思います。今回は当院で簡単に出来る方法を紹介したいと思います。

それはいつまでも健康に歩けるようにすることです。お年を召してくると筋肉が衰えてきます。筋肉が衰えると転倒のリスクが非常に上がるんですね。転倒すると入院しベッドの上で長い期間を過ごすことになり、そうなると健康寿命というのは一気に短くなります。

ですので当院では筋力トレーニングであったり、電気治療による筋肉の再教育によって転倒の予防に努めております(*^▽^*)

いつまでも健康な体を維持したいとお考えでしたら一度当院にご相談ください(^^♪

当院では生活上のアドバイスまでさせて頂きます(*^▽^*)

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中雅大が監修しています。

夏に旅行するときは特に気を付けよう!

2018年07月31日

こんにちは!主に名古屋市東区大幸・北区上飯田より多数ご来院いただいております

交通事故治療・腰痛治療が得意なめいほく接骨院です。

 

今日で7月も終わりになります。

暑さが厳しくなり熱中症で倒れたり最悪死んでしまった方もいます。

水分補給や休憩はしっかりと取って体調管理には気を付けましょう!

 

今の時期は熱中症も注意が必要ですが、交通事故も増える時期になります。

お盆が近づき地元へ帰省する方、夏休みで遠出をする方などがいらっしゃると思います。

皆さんが同じような時期に行動をするためどうしても事故が増えてしまいます。

また移動が長距離になることが多くなるため運転中に注意力散漫になったり疲労で眠くなったりします。

「長距離運転 熱中症」の画像検索結果

そのようなことが起こらないように

  • こまめに休憩をとる
  • 事前に車の点検はしっかりとする
  • 行き帰りの計画をしっかりと立てる
  • 移動時間に余裕を持つ
  • 眠くなりやすい時間帯を避ける

などがあります。

イラスト:車の長距離運転も注意しよう

また渋滞になることを予想し、飲食類を事前に準備する、車内の温度に気を付けるなどの注意も必要になります。

注意していても事故は起こります。

相手がではなく1人1人が事故が起こらないように注意する意識を持都必要があります。

安全運転を心がけて夏を楽しみましょう!

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中雅大が監修しています。

室内での熱中症にも注意を!!

2018年07月19日

こんにちは!めいほく接骨院の高井です(^_-)-☆

この前みんなでビアガーデンに行ってきました♪

夜でもまだ暑かったです(;^ω^)

たくさん飲んで食べて喋って楽しかったです!次回はBBQです(*’ω’*)

大人数だと賑やかで最高です☆彡

 

みなさん、熱中症は大丈夫ですか?

「熱中症」の画像検索結果

熱中症と聞くと屋外をイメージしやすいですが実は室内でも熱中症は起こるのです。

扇風機で風通しをよくしたり、エアコンの除湿で湿度をコントロールすることが大事です。

節電は大事とはいえ、暑いときは我慢せずにエアコンで温度と湿度を調節しましょう。

のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をすることで熱中症を防ぐことができます。

熱中症対策のグッズなども最近たくさん売られているのでそういったものを常に持ち歩くのもいいでしょう(^_-)-☆

首元など太い血管が体の表面近くを通っているところを冷やすと、効率よく体を冷やすことができますよ☆彡

熱中症の初期症状としては、頭痛、めまい、大量の発汗、のどの渇き、筋肉痛などがあります。少しでもあれ?と思ったら無理せずに涼しい場所へ移動したり、水分を補給しましょう。

外出するときは、帽子をかぶったり日傘をしたりしましょう。

 

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中雅大が監修しています。

夏本番‼体調管理に気をつけましょう

2018年07月19日

こんにちは!めいほく接骨院上飯田院の齊藤です!(^^)!

ここ最近最高気温がとても高くうだるような暑さが続いておりますが、みなさん体調管理には気をつけてください(‘ω’)冷たい食べ物ばかり食べたくなる気持ちも分かりますが、あまり基礎体温を下げないようにしましょう!そうすることが一番のお体の健康に繋がります(*^▽^*)

本日は体温を上げるコツをいくつか書いていきます(^_-)-☆

まずは運動をすることです!

運動をすることによって、筋肉量が増えることや、血流の改善が期待出来ます!そうすると体のエネルギー消費量が増えるので自然と体温の上昇が見込めるでしょう(^^)/

 

あと体温を下げないことです。

これは当たり前ですが、案外出来ていない人が多く見られますね…。エアコンを直接浴びないことと、アイスなど冷たい食べ物を食べ過ぎないことなどが大事になってきます。この2つに当てはまる方はいましたか??もし当てはまるようでしたら、すぐに改善出来るようなことですのでぜひ試してください(*^▽^*)

 

こういった感じで体温自体を上げることは簡単です!もし今の体の不調に体温が関係していると感じる方は一度お試しください(*^▽^*)

 

もしこれ以外にももしお体の悩みがございましたら一度当院にご相談ください(*’ω’*)

 

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中雅大が監修しています。

痛みをしっかりと改善するのに必要なことは?

2018年07月14日

こんにちは!

主に名古屋市東区矢田・北区上飯田より多数ご来院いただいております

腰痛治療・肩こりが得意なめいほく接骨院です。

最近特に暑いですね(-_-;)

水分補給はしっかりやっていますか?

熱中症もしっかりと対策しないといけません。

腰痛にはいろいろ原因がありますが、姿勢が痛みの根本になっている方が多くいます。

そして、その方たちの多くは筋肉が必要量に達していないということもあります。

筋肉は姿勢を維持するために必要であり、それが不足してしまうといくら正しい姿勢に直したとしても悪くなってきます。

姿勢の維持のために必要になるので初めからつければいいというわけではあません。

まずは悪い状態を改善する、それがある程度改善してきたら同時並行で筋肉を付けていくことが痛みを改善し、尚且つ健康な状態を長く持たせるために必要になります。

長年姿勢が悪い状態で筋肉量が不十分な方には姿勢の矯正、筋肉や関節だけでなく、筋肉量も必要になってきます。

しかし筋肉が必要になるからと言ってやみにつければいいというわけではありません。

それに、短期間で付くというわけでもないため回数と時間が必要になります。

めいほく接骨院では痛みの治療はもちろん、その後のケアとして筋肉を付けていき、維持していくようなこともできます。

健康寿命を少しでも伸ばして自身の好きなことができるようサポートもしますので何かあればめいほく接骨院へご相談ください。

 

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中雅大が監修しています。

暑いときにおススメの運動について(^^)

2018年07月12日

こんにちは!めいほく接骨院の高井です☆彡

ついに東海地方も梅雨明けしましたね(*^-^*)

暑い日が続きますので熱中症には気を付けましょう!!

 

熱くなると日ごろから運動不足が気になる方も、こんなに気温が上がり湿度も高いと、とても動く気になれないですよね( ;∀;)
そんなときにオススメしたいのが水中の運動です!水中であれば暑さも和らぎますし、水中運動は陸上での運動に比べて体への負担は少なく、カロリー消費量は増えるという嬉しいことがあります♪
そこで今回は、泳げない人でも簡単にできるエクササイズをわかりやすくご紹介したいと思います。

「プール エクササイズ イラスト」の画像検索結果

まず入る前には必ずストレッチをしましょう(*^^)

水中では、浮力があるので体への負担なく歩くことができます。

なので膝や腰を痛めている人もリハビリとして水中ウォーキングをすると無理なく改善することができます。

水深は、胸くらいの高さが理想です。深すぎても浅すぎても効果的に全身を使うことはできません。
歩き方としては、手を大きく前後に振り、大股でかかとから足をつけるように歩きます。慣れないうちはカラダが浮いてしまいがちなので、そんなときは、プールサイドや壁を持って歩くといいでしょう。

膝の痛み(変形性膝関節症)

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中雅大が監修しています。

夏の貧血には気をつけよう☆彡

2018年06月28日

こんにちは!名古屋市北区にあるめいほく接骨院上飯田院の高井です(#^^#)

昨日は夜湿気でジメジメして寝にくかったです(;^ω^)

昨日もたくさんのご来院ありがとうございました♪

今日もお待ちしております☆彡

気温も高くなって暑くなってきましたね((+_+))

暑さが厳しくなってくると夏バテが心配ですよね!夏バテはたくさん汗をかいたり暑さによって体力が消耗したり、エアコンや冷たい飲食によって胃腸が弱ってしまうためにおこります。夏バテと思われる症状の原因が『貧血』ということが増えているのです。

貧血には鉄分がいいと言われています。

鉄分の働きとしては

・脳の働きをコントロールしてやる気をアップ

・コラーゲンを増やして、爪、肌、髪を美しく

・免疫力を高める

などたくさんいいことがありますよ(*^▽^*)

逆に、鉄分がとれていないと

・めまい

・頭痛

・肩こり

・耳鳴り

・疲れやすい、だるい

などのことが起こりやすいです。

鉄分をとれる食べ物はたくさんあります(^_-)-☆

パセリ、小松菜、ブロッコリー、ほうれん草、菜の花、キャベツ、納豆、枝豆、ひじき、わかめ、海苔の佃煮、レバーなど。

「鉄分」の画像検索結果

貧血は特に女性が多いので気をつけましょうね!!

 

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中雅大が監修しています。

クーラー病って??

2018年06月27日

こんにちは、めいほく接骨院上飯田院の前田です

ここ2,3日はとても蒸し暑いですね

もうそろそろ夏本番なので、熱中症には十分に気をつけて下さいね

 

さて皆様もそろそろ自宅のクーラーを始動させているのではないでしょうか?

クーラー症という言葉をご存知でしょうか?

クーラーは熱中症対策や暑さ対策を行う上ではなくてはならないものとなっています

しかし使い方を間違えてしまうと身体の不調につながってきてしまいます

クーラー病について簡単に説明していきます。

人は自律神経によって体温を調整しています。寒い時は肝臓や筋肉での発熱量を増やしたり、

筋肉を収縮して体から熱を逃がさないようにしたりしています

逆に暑いときは血管を拡張させて熱を逃がそうとします。

夏場になると外はとても暑くなります。そして中はクーラーが効いており涼しくなっています

この二つを何回も行き来することにより体温を調節する機能が追いつくなくなり

身体の不調をもたらします。

具体的に症状としては

まず体の冷えにより、むくみが起こります

更に体のホルモンバランスが崩れることにより頭痛やめまいを引き起こします

更には自律神経の乱れにより

イライラ、無力感、倦怠感、肌荒れなどの症状が現れます

 

クーラー病を防ぐためには

自律神経を調えることが重要となります。

そのためには自分なりの方法でしっかりと体をリラックスさせることがいいでしょう

おススメはアロマセラピーです

アロマと聞くとエステや美容など女性が受けるものというイメージがあるかと思います

実際僕もそういう考えだったのですが、アロマセラピーを体験する機会が何回かあり

自律神経を整えるにはとても良い治療法だなあと感じました

方法としては熱めのお湯を洗面器に入れ、そこに精油を数滴たらします。

それをおいて入浴したり、部屋においてリラックスするのが良いでしょう

リラックス効果を促進するためには

ラベンダー、オレンジスイート、レモンなどの香りがおすすめです。

 

クーラー症でなくても

自律神経失調症や五月病などの症状にもてきめんです

一度お試しください。

 

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中雅大が監修しています。

毎日の生活に原因がある猫背について知ろう!

2018年06月18日

こんにちは!

主に名古屋市北区上飯田・東区砂田橋から多数ご来院頂いております

肩こり・姿勢矯正が得意なめいほく接骨院です。

最近街中や電車の中を見ているとスマホを使っている方をよく見かけます。

その人の姿勢をよく見てください。

ものすごく背中が丸まっていませんか?

長時間同じ姿勢をしている方で特に。。。

①デスクワークをしている

②スマホをよく使用する

この二つが特に猫背になっている方の特徴として最近見られます。

猫背になってくると、

肩こり、頭痛、手足の冷え、背中や首肩周りの痛み、息が切れやすいなどが起きます。

 

そのほかには・・・

・長時間同じ姿勢でいる

・変な態勢でいることが多い

・足を組む

などは猫背に限らず、体全体のバランスを崩す原因になってきます。

これらはすべて生活習慣が原因になってきます。

皆さんは普段の生活を振り返ってみてどうですか?

猫背は痛みがないことがほとんどなため自分では気が付いていないことが多いです。

周りから猫背だよと言われる方が多く、じぶんでは姿勢が悪い「だろうな」の認識で

実際どれくらい姿勢が悪いか把握していない方がほとんどです。

 

めいほく接骨院では猫背の矯正を行っています。

正しいアライメントを体に覚えこませるようにやっています。

そのやり方も急激に捻ったりはしていないため安心して受けて頂けます。

また、今の体の状態がどうなっているかもしっかりと伝えているので状態の把握もしっかりできます。

周りから「猫背なおしなよ」と言われる方、猫背が気になる方は是非めいほく接骨院へご連絡ください。

猫背矯正・背骨矯正・整体

 

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中雅大が監修しています。

五十肩について

2018年06月15日

こんにちは

名古屋市北区・東区にあります

肩こり・腰痛治療が得意なめいほく接骨院の前田です。

さて今日は五十肩について書きたいと思います。

五十肩とは肩関節周囲炎という病気の一つでよく見かけるです。

中年以降のとくに50代の方に多くみられる疾患です。

五十肩は3つの時期に分けられます

①急性期(炎症期)

関節の炎症が強く、非常に痛みが強い時期です。

短い人でも3~4週間続くことが多いです。

この時期はまず安静第一です!

肩を動かしたり重いものは持たないようにしましょう!

炎症があるので冷やすといいですよ!

 

②慢性期

急性期から1~2か月たつとこの時期に入ります。ものすごく強い痛みはないが

鈍い痛みにかわります。前よりは動くけど痛いといった感じです。

この時期になると冷やすと筋肉が固くなって動いて痛めることがあるので

できるだけ温めるようにしましょう!

 

③回復期

痛みや不安感がだんだん少なくなり手が動かしやすくなります。

およその目安で3~6ヶ月くらいです。

痛みはないですが、今までの硬さがまだ残っているので肩を積極的に

動かすようにしましょう!

筋肉を付けて痛めにくい肩を作りましょう!

これからどんどん寒くなってきます! 肩も痛めやすい季節です!

もし少しでも痛みや不安感を感じたら当院へ一度ご相談下さい(*^_^*)

 

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中雅大が監修しています。


1 2 3 4 5 14