サッカー日本代表、お疲れ様です!

2018年07月4日

はじめまして!名古屋市北区にあるめいほく接骨院上飯田院の齊藤です!

上飯田院のホームページのブログを書くのは初めてですので自己紹介をさせて頂きます。

柔道整復師の齊藤隆志と申します。好きなことは楽しいこと全般です!何事も楽しく前向きに取り組むことをモットーにしています(*^▽^*)まだまだ未熟なこともございますがお気軽にご相談ください(^^♪

 

サッカー日本代表、惜しくも負けてしまいましたね(+_+)どこの国が優勝するのか楽しみですね(*^▽^*)

さて今日はサッカーが盛り上がっているということでサッカーで起こりやすい筋肉の損傷について書いていきます。まず多いのはふくらはぎの筋肉の下腿三頭筋です。これは足首を足の裏側に伸ばす筋肉です。走るときや直接的に外力が加わったときに損傷しやすいです。同じような原因として考えられるのが、太ももの後ろ側のハムストリングスと呼ばれる筋肉です。反対に太ももの前側の大腿四頭筋という筋肉です。これはサッカーボールを蹴る際に働く筋肉で、止まる際のブレーキとしての役割やジャンプする時にも働きます。あとサッカーボールを蹴る際の筋肉として、股関節の内転筋群といった部位も損傷しやすいと言えます。

このように、損傷しやすい筋肉はとても多いのでもし、サッカーをする際は怪我に気をつけましょう!(^^)!

 

サッカー