生活習慣を見直そう

2018年06月1日

こんにちはめいほく接骨院の前田です

皆さんはご自身の生活習慣を気にかけたことはありますか?

生活習慣が乱れてしまうと

大病にかかるリスクが増えてしまうだけではなく

腰痛、肩こりなどの慢性病。またそもそもの生活の質自体が低下してしまいます

皆様の生活の質が少しでも向上できるように、チェックしていきましょう!

その1【運動】 適度な運動を毎日続けよう

まずは今より10分多くからだを動かすことから始めましょう。10分歩くと約1000歩! 

無理しない程度に、毎日が厳しかったら

この曜日とこの曜日という風でも全然オッケーです

習慣づけることを意識してやっていきましょう

 

その2【食事(塩分)】 塩分は控えめに

塩分は、1日男性9g未満、女性7.5g未満の摂取が適量です。 

高血圧や動脈硬化を予防するためにも、塩分控えめの食事を心がけましょう。 

また、すでに高血圧が疑われる人は、1日6g未満にしましょう。

 

 

その3【食事(脂質)】 油っぽい食事は避ける

油を使った食事はなるべく控えましょう。 

肉類は「下ゆで」や「湯通し」するなど、調理法にも工夫しましょう。

 

 

その4【食事(肉類よりも魚のすすめ) 主菜は“肉より魚”を心がける

魚に含まれる油には、コレステロール値を低下させる働きがあります。 

毎日の食事に、魚料理を積極的にとりましょう。

 

その5【食事(野菜)】野菜をたっぷりとる

野菜に含まれる食物繊維には、コレステロール値を低下させる働きがあります。 

なるべく1日に350g以上とりましょう。 

 

その6【ストレス】自分に合った方法でストレス解消

ストレスは、健康のバランスを崩す原因にもなります。 

自分に合ったリラックス方法を見つけて、早めに解消しましょう。

 

その7【睡眠】規則正しい睡眠で十分な休養を

睡眠は、健康においてとても重要な要素です。

睡眠が低下してしまうと必ず生活の質は低下してしまいます

毎日最低でも5時間。はとるようにしてできれば寝る時間起きる時間

を固定して規則正しい睡眠生活を意識してください。

今日はこの7つですが他にも意識することが多々ありますが

まずはこの辺りを意識して生活していきましょう。

 

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中雅大が監修しています。