交通事故による接骨院と病院・整形外科クリニックとの違い

  • レントゲンでは異常がなしと言われた
  • 整形外科に通っているが痛みがなかなかよくならない
  • しっかりとした施術を受けたい!
  • 整形外科やクリニックだけでなく接骨院にも通いたい
  • 整形外科で湿布や痛み止めしか出してもらえない

交通事故に遭ってしまった時の対処法

交通事故は日常生活で滅多に遭うことがないことなのでいざ起こるとかなり動揺してしまい、平常心を保てる方は非常に少ないのです。どこに連絡を入れて相手に何を聞けばいいのか?このあたりだけでも知っておくといざというときに役立ちます。

交通事故の流れを一通りチェックして、何を優先すべきか知ることで、知識を活用できます。

警察に連絡をしないと施術の際、自賠責保険を受けるのに必要な「交通事故証明書」がでないので注意。

 

①負傷者の救護

②警察へ事故の届出

③相手の連絡先・情報確認

④目撃者の確保

⑤事故現場での記録(写真で記録されることをおススメします)

⑥自分の保険会社へ連絡を入れる

⑦めいほく接骨院へ連絡を入れる 052-991-7751※事故についてわからないことがあればお電話下さい

⑧めいほく接骨院から整形外科クリニックを紹介いたしますので、医師から診断書を受け取ってください。

⑨整形外科クリニックから後療依頼をいただき、めいほく接骨院で施術開始

 

病院・整形外科クリニックでできること

病院や整形外科クリニックでは、交通事故によるケガに対して体の異常がないかレントゲンなどを撮影して判断をします。

骨に異常がある場合は画像診断が有効ですが、交通事故などで多くみられるむち打ち症などは痛みがあるにもかかわらずレントゲンでは「異常なし」と判断されることも少なくなく、骨折を除き湿布や痛み止めのみで痛みの経過観察になることが多くみられます。

ちなみに整形外科や病院でもらう診断書に全治2週間と書かれていますが。「これ絶対2週間で治らない!」と思った方も多いと思いますが、レントゲンで異常がない場合必ず全治2週間と書かれますのでご心配なく。

接骨院での施術

 

整形外科クリニックで痛みはあるけどレントゲンでは「異常なし」と言われたときにはめいほく接骨院へ是非いらして下さい。

交通事故で多くみられるむち打ち症はしっかり施術をしないと

後遺症としてずっとあなたの体を苦しめることになります。めいほく接骨院にも事故の後遺症として来院される患者様がおられますが、後遺症になってしまうと自賠責保険が使えず実費でお支払いいただくことになります。一般的に保険が使える期間は3~6ヶ月程度となっておりますのでその期間でしっかりと通院して治してもらうのが重要になってきます。

天気が崩れたり気圧が変化した日は体調が思わしくなく、痛みが強く出てくるなどございます。

そうならないためにも今しっかりと施術を行いましょう。

 

接骨院で施術を行う場合は整形外科で診察をしてもらい診断して頂く必要がございます。

そして診断して頂いた部位のみを接骨院で施術することが可能になります。

そのため、めいほく接骨院から整形外科クリニックを紹介させていただき整形外科クリニックと連携を取り合いながら施術をさせていただきます。

一見、手間に思えるかもしれませんが、めいほく接骨院の施術力、受付時間や日曜・祝日営業、交通事故を専門で行っている顧問弁護士や行政書士の先生達とも連携を取りながら施術をすすめることもでき安心して自身の治療のことに専念していただくことができます。

接骨院での施術動画

ソーマダインとは?

ソーマダインとは、人間の細胞が持っている電気的性質を活性化させることによって損傷部分のミトコンドリアという細胞内の器官で生成されるATPという物質を増大させることにより組織の修復が早まり症状を回復させるのを早めます。人間はケガをした時資源に治す力をもともと自分で持っています。その手助けを行うのがこのソーマダインになります。

 

プロテクノエグゼとは?

一般的な電気治療の機械(低周波治療器)とは違い、神経筋刺激を利用した筋肉の再教育を行う治療機器になります。低下した筋力の再生や筋力低下の予防にも役立ち、筋肉に対する治療で絶大な効果を発揮します。期待できる効果としては関節の可動域の増大、即効性のある鎮痛効果、内臓脂肪の減少、低下した筋力の改善、筋力低下の予防、神経系の再教育(人間は入院や骨折でしばらく関節を動かさないと動かし方を忘れてしまいます。)、深層筋(人間の筋肉はインナーマッスルとアウターマッスルに別れており体の表面から触れることが難しい筋肉が深層筋になります)をほぐす効果、などなど様々な効果が期待できます。取り付ける吸盤が大きく疲労範囲に電気を流すことが可能ですが吸盤の跡がつくことがあります。跡がつくのが気になるという方は取り付け前にスタッフに申しつけ下さい。

首の筋肉について・・・

首の筋肉は人間の体のなかでも数が多く筋肉が細いのが特徴です。なぜかというと首は様々な方向に動くように作られており、そのような動きを実現させるには数多くの筋肉が必要になります。また、もともと強い負荷や衝撃に耐えられるように作られてないので交通事故などで痛めることが非常に多いです。

 

腰の筋肉について

腰の筋肉は大きく分厚いのが特徴です。腰の筋肉は日常生活の影響を受けやすく、立ちっぱなしでも座りっぱなしでも状態が悪くなりやすいです。腰は一度痛めると慢性的な症状になりやすく、事故の治療では早めの治療が重要になります。腰にはインナーマッスルとアウターマッスルといって内臓に近い方にある筋肉と体表から触れることができる筋肉に別れております。事故ではどちらも痛めることがあり痛みの出方によってどちらを痛めているかの判断が可能です。また、腰のインナーマッスルは骨盤を支えており痛めてしまうといい姿勢が保てなかったり腰以外の筋肉にも負担がかかってしまう原因になります。

 

最近、患者様から保険会社に「接骨院に通院したいです」と電話すると断られたりすることがあるようです。なぜかというと事故の治療は定期的に病院や整形外科に受診しないと接骨院でリハビリを行うことはできません。あくまで「整形外科の指導の下接骨院でリハビリを行う」というのがセオリーです。めいほく接骨院なら整形外科とパイプがあるのでそのあたりも心配なく通院可能です。他に、一般的に整形外科と接骨院では接骨院に通院する方が治療費が高くなります。なのであまり通院させたくないというのはあるかもしれませんが交通事故で接骨院を利用することは法律上全く問題のないことです。