腰の痛み

  • 長年の腰痛に悩まされている
  • 座ったり立ったりする動作がしづらい
  • じっとしていると腰が重くなっていく
  • ぎっくり腰になってしまったけど、どこで治療したらいいのかわからない
  • くしゃみをした時に背中や腰にひびく

腰部脊柱管狭窄症
坐骨神経痛

腰痛の原因は?  名古屋市北区 めいほく接骨院

なぜ腰痛になるの?

腰痛の原因は2種類あります。
大きく分けて「動かしすぎの腰痛」「動かさなさすぎの腰痛」があります。

動かしすぎの腰痛の方は介護職の方、引越し業者さん、作業員の方など、無理な姿勢で車の移乗をさせたり重いものをもったり、ぐっと力をいれる時姿勢がわるかったりで腰に大きな負担がかかります。
膝を曲げてものをもつのと、膝をのばしたままモノをもつのでは腰にかかる負担がまったく違います。
動かしすぎの腰痛の方は炎症をもっている方が多く、筋肉の緊張がつよく、体が硬くなっています。

腰椎椎間板ヘルニアをお持ちの方も上記の動作で腰椎椎間板ヘルニアの症状が増してしまう可能性があります。

「動かさなさすぎ」の方はデスクワークの方、タクシードライバーの方、長距離トラック運転手の方などです。座りっぱなしで腰に負担がかかっていないように見えますが、同じ姿勢を継続することは腰にかなりの負担をかけます。こまめに休憩が取れる人はいいですが、長時間ずっと座ってるのはよくないです。

この座りっぱなしの方も筋肉が硬くなっていることが多いです。

腰痛も人それぞれ原因がありますが、その方の腰痛の性質やタイプによって施術方法が異なります。しっかりと見極めて治療します。
いずれも筋肉の緊張をとるような治療をメインにおこなっていきます。

腰椎椎間板ヘルニアをお持ちの方は日常的な運動や負担がかかる動作などで腰椎椎間板ヘルニアの症状が出てしまう事があります。腰椎椎間板ヘルニア自体を手術をせずに完全に治す事はできません。たとえ腰椎椎間板ヘルニアに対して手術をしたとしても完全に治らないというリスクもあります。当院の施術では、ヘルニアによって出た腰の筋肉の硬さをとったり骨格を整えたりすることで腰椎椎間板ヘルニアの症状を抑えることができます。腰椎椎間板ヘルニアを切らずに治したい方は一度お試しください。

 

愛知県名古屋市北区・東区【めいほく接骨院・整体院】グループは、必ずお役に立てるよう努力することを誓います。

 

名古屋市北区【めいほく接骨院(整体院)】の腰痛の治療

一般的な腰痛の場合

腰の痛みといっても腰だけを触るのではなく、ふくらはぎなど遠隔のトリガーポイントを狙ったり、臀部のポイントを狙って手技で施術していきます。

トリガーポイントとは、痛みがでている場所ではなく、その痛みのひきがねとなっている個所です。わかりやすく説明すると経絡のツボみたいなものです。
そこを手技で触っていくと「かたい」ポイントがあり、それを手技で取り除いていく事で腰の痛みがとれてきます。

手技のひとつとして使っており、骨盤矯正プログラムとあわせて施術をしていきます。

腰椎椎間板ヘルニアの場合

腰椎椎間板ヘルニアの方は腰から足にかけて痛みとしびれがあります。ひどい方は腰椎椎間板ヘルニアが原因で知覚のマヒ、筋力の低下、さらにひどくなると膀胱直腸障害などにつながります。

ヘルニアを直接さわるわけではなく、周辺の筋肉を骨盤矯正プログラムをおこないながら、腰椎椎間板ヘルニアによる腰の痛みをとっていきます。

ヘルニアは8割~9割の方はリハビリでよくなります。
残りの1割~2割の方はヘルニアに対する手術です。ほとんどの方がリハビリです。
ヘルニアがでているから症状が延々と続くという訳ではなく、ヘルニアをもったままリハビリを続けていくとヘルニアの症状が緩和していくというイメージです。

米田病院 (西区 枇杷島) 
よねだクリニック (西区 枇杷島) 
ぐしけん整形外科クリニック (千種区 猫洞通) 
池田整形外科 (名東区 社が丘) 
田中接骨院 (東区 大幸)
服部外科・整形外科(北区)
さいとう整形外科・リウマチ科(名古屋市名東区)

と連携をとりながら腰椎椎間板ヘルニアのリハビリをすすめていただくことも可能です。

愛知県名古屋市北区・東区【めいほく接骨院・整体院】グループは、必ずお役に立てるよう努力することを誓います。

  

腰痛の料金

→アクセス・料金表