腰椎椎間板ヘルニア

  • 長年の腰痛に悩まされている
  • 座ったり立ったりする動作がつらい
  • じっとしていると腰が重くなってくる
  • どこで治療したらいいのかわからない
  • 足に痛みやシビレがある
脊柱管狭窄症
坐骨神経痛
ギックリ腰

 

腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)の原因は?

なぜ腰痛になるの?

腰痛の原因は2種類あります。

大きく分けて

「動かしすぎの腰痛」

「動かさなさすぎの腰痛」があります。

動かし過ぎの腰痛の方は

介護職の方、引越し業者さん、作業員の方など

無理な姿勢で車の移乗をさせたり重いものをもったり

ぐっと力をいれる時姿勢がわるかったりで腰に大きな負担がかかります。

膝を曲げてものをもつのと

膝をのばしたままモノをもつのでは腰にかかる負担がまったく違います。

動かしすぎの腰痛の方は炎症をもっている方が多く、筋肉の緊張がつよく、体が硬くなっています。

腰椎椎間板ヘルニアをお持ちの方も上記の動作で

腰椎椎間板ヘルニアの症状が増してしまう可能性があります。

「動かさなさすぎ」の方はデスクワークの方

タクシードライバーの方、長距離トラック運転手の方などです。

座りっぱなしで腰に負担がかかっていないように見えますが

同じ姿勢を継続することは腰にかなりの負担をかけます。

こまめに休憩が取れる人はいいですが

長時間ずっと座ってるのはよくないです。

この座りっぱなしの方も筋肉が硬くなっていることが多いです。

腰痛も人それぞれ原因がありますが、その方の腰痛の性質やタイプによって施術方法が異なります。

しっかりと見極めて施術します。

いずれも筋肉の緊張をとるような施術をメインにおこなっていきます。

腰椎椎間板ヘルニアをお持ちの方は

日常的な運動や負担がかかる動作などで腰椎椎間板ヘルニアの症状が出てしまう事があります。

腰椎椎間板ヘルニア自体を手術をせずに完全に治す事はできません。

たとえ腰椎椎間板ヘルニアに対して手術をしたとしても完全に治らないというリスクもあります。

当院の施術は、ヘルニアによって出た腰の筋肉の硬さをとったり骨格を整えたりすることで症状を抑えることができます。

腰椎椎間板ヘルニアの症状でお困りの方は一度ご来院ください。

 

(参考文献引用)公益社団法人 日本整形外科学会 腰椎椎間板ヘルニア

腰痛の施術方法

一般的な腰痛の場合

腰の痛みといっても腰だけを触るのではなく、ふくらはぎなど遠隔のトリガーポイントを狙ったり臀部のポイントを狙って手技で施術していきます。

トリガーポイントとは、痛みがでている場所ではなくその痛みのひきがねとなっている個所です。

わかりやすく説明すると経絡のツボみたいなものです。

そこを手技で触っていくと「かたい」ポイントがあり、それを手技で取り除いていく事で腰の痛みがとれてきます。

手技のひとつとして使っており、骨盤矯正プログラムとあわせて施術をしていきます。

腰の筋肉について

腰の筋肉は大きく分厚いのが特徴です。腰の筋肉は日常生活の影響を受けやすく、立ちっぱなしでも座りっぱなしでも状態が悪くなりやすいです。腰は一度痛めると慢性的な症状になりやすく、事故の治療では早めの治療が重要になります。腰にはインナーマッスルとアウターマッスルといって内臓に近い方にある筋肉と体表から触れることができる筋肉に別れております。通常どちらも痛める可能性があり痛みの出方によってどちらを痛めているかの判断が可能です。また、腰のインナーマッスルは骨盤を支えており、痛めてしまったり、うまく使えていないとといい姿勢が保てなかったり腰以外の筋肉にも負担がかかってしまう原因になります。筋肉の状態をよくして、インナーマッスルがちゃんといい状態で使えるようにしっかりと治療を行うことをおススメいたします。

 

腰椎椎間板ヘルニアの場合

腰椎椎間板ヘルニアの方は

腰から足にかけて痛みとしびれがあります。

ひどい方は腰椎椎間板ヘルニアが原因で知覚のマヒ、筋力の低下、さらにひどくなると膀胱直腸障害などにつながります。

ヘルニアを直接さわるわけではなく、周辺の筋肉を骨盤矯正プログラムをおこないながら

腰椎椎間板ヘルニアによる腰の痛みをとっていきます。

ヘルニアは8割~9割の方はリハビリでよくなります。

残りの1割~2割の方はヘルニアに対する手術です。

ほとんどの方がリハビリです。

腰のヘルニアがでているから症状が延々と続くという訳ではなく、ヘルニアをもったままリハビリを続けていくとヘルニアの症状が緩和していくというイメージです。

 

プロテクノエグゼとは?

一般的な電気治療の機械(低周波治療器)とは違い、神経筋刺激を利用した筋肉の再教育を行う治療機器になります。低下した筋力の再生や筋力低下の予防にも役立ち、筋肉に対する治療で絶大な効果を発揮します。期待できる効果としては関節の可動域の増大、即効性のある鎮痛効果、内臓脂肪の減少、低下した筋力の改善、筋力低下の予防、神経系の再教育(人間は入院や骨折でしばらく関節を動かさないと動かし方を忘れてしまいます。)、深層筋(人間の筋肉はインナーマッスルとアウターマッスルに別れており体の表面から触れることが難しい筋肉が深層筋になります)をほぐす効果、などなど様々な効果が期待できます。腰の痛みに使用する場合は、背中からお尻にかけて吸盤を取り付けます。体の深部15センチまで刺激を届けることができるのでアウターマッスルとインナーマッスルの両方の状態の改善が見込めます。取り付ける吸盤が大きく広い範囲に電気を流すことが可能ですが吸盤の跡がつくことがあります。跡がつくのが気になるという方は取り付け前にスタッフに申しつけ下さい。

トムソンベットとは?

「矯正はバキバキする」という常識を覆したのがこのトムソンベットです。カイロプラティックの本場アメリカでは既にこのトムソンベットでの矯正が主流になっており、バキバキする矯正は関節や体に対して負担が大きいですがこのトムソンベットを使った矯正は体や関節に対する負担を最小限に抑えることができるのが特徴です。腰の痛みに使用する場合、まず足の長さの調整を行います。何故かというと足の長さが違うと左右の骨盤にかかる負担がバラバラになり筋肉の張りに左右差が生まれます。そうすることによって背骨のバランスも崩れ上半身のバランスが悪い状態で日常生活を送ることになります。そのような状態で日常生活を送れば、腰に負担がかかるのは当然のことであり、それを自分で治すことはほぼ不可能だからです。このトムソンベットでバランスの良い身体を手に入れ腰痛とはさよならしましょう!

 

【連携・提携しているクリニック】

米田病院 (西区 枇杷島) 
よねだクリニック (西区 枇杷島) 
ぐしけん整形外科クリニック (千種区) 
池田整形外科 (名東区 社が丘) 
田中接骨院 (東区 大幸)
服部外科・整形外科(北区)
さいとう整形外科・リウマチ科(名東区)

と連携をとりながら腰椎椎間板ヘルニアの施術をすることも可能です。

腰痛の目安料金・施術時間 

初めての施術は問診(症状や患者様の日常生活での負担などお聞きさせていただきます)も行いますので60分ほど、お時間をいただいております。急ぎの方はご予約を取られる際にスタッフにお伝えください。

例 〇〇時までに院を出たい。 

→アクセス・料金表

夜20時まで受付しております!交通事故のケガでの治療は21時まで受け付けております。

土曜・日曜・祝日も営業しています!日曜・祝日は午前のみの診療になります。あとお正月、GW、お盆などは休みの場合がありますので一度お電話にてお問合せ下さい。

地下鉄上飯田駅徒歩1分で通いやすい◎

予約制で待ち時間ほぼなし◎

専用駐車場完備◎専用駐車場がいっぱいの時は連携駐車場がありますのでそちらをお使いください。パーキングチケットお出しできます(場所はスーパー三河屋裏の名鉄協商パーキングです。)

 

まとめ

坐骨神経痛とは疾患名ではなく症状を指す言葉で腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫されることで痛みやしびれなどを呈する症状の総称を指します。

坐骨神経はお尻から足へとつながる非常に長い神経のため、症状が現れる場所もさまざまです。

坐骨神経痛の原因となる主な疾患としては

①腰椎椎間板ヘルニア

②腰部脊柱管狭窄症

③変形性腰椎症

④腰椎分離症

⑤すべり症

などが挙げられます。

坐骨神経の症状はリハビリで改善を試みる場合が多いです。

症状が悪化する前に早めのリハビリをおススメします。

 

症例 | めいほく接骨院 北区上飯田院

  • 腰の痛み 名古屋市東区矢田

    腰の痛みを訴える女性が来院。

    中腰の姿勢が多く、徐々に痛みが強くなってきたそうです。

    プロテクノエグゼで電気治療を行い、SPT骨格バランス調整法で骨盤のゆがみと背骨のゆがみを整え、全身の筋肉バランスを調整しました。

    筋肉がほぐれることで、徐々に痛みが改善され、痛みの出にくい体づくりができました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

お客様の声 | めいほく接骨院 北区上飯田院

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいております

  • 看護師 腰椎椎間板ヘルニア 腰の痛みと足のシビレ 名古屋市北区上飯田

    仕事は意外と重労働で患者さんの介助などがあり腰を痛めてしまいました。

    丁寧な施術で今はとても症状が軽くなっています。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。