坐骨神経痛

  • おしりや下肢にしびれや、つっぱり感がある
  • 座っていると痛くなる
  • しばらく歩くと、つっぱって歩けなくなる
  • 腰を反ったり曲げたりすると足に痛みが走る
  • しびれや痛みで立っていられなくなる

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経は、腰から太ももを通って足先に伸びる神経です。

神経の通り道がどこかで物理的な障害や圧迫を受けると坐骨神経痛の症状が起こります。

この症状は男性に多く見られ、特に立ちっぱなしが多い仕事の方に多く見られます。

坐骨神経痛は圧迫や障害を受ける部位によって症状のおこる場所や範囲が変わっています。

多くは椎間板ヘルニア ・坐骨神経痛 ・脊柱管狭窄症 ・腰椎すべり症などが原因で神経を圧迫してしまった結果、坐骨神経痛の痛みになります。

主にお尻のシビレと痛み、足先のシビレなどです。

脊柱管狭窄症の場合は間欠跛行と呼ばれる歩くと腰がいたくなり少し休むとまた歩けたり・・・という症状が見られます。

坐骨神経痛は何か原因になる病気があるときに生じる症状であって病名ではありません。

もしあなたが足にシビレがあったり歩いていると辛くなってくるような症状がある場合放っておいてもよくはなりません。

(参考文献)社会福祉法人 恩賜財団 済生会 坐骨神経痛

坐骨神経痛の施術方法

めいほく接骨院での施術方法は、坐骨神経痛でお悩みの患者様に対して坐骨神経痛の症状だけに目を向けるのではなく

筋肉の状態や体の歪みはないかなどもチェックして根本原因を見つけ症状の出ない健康なお身体の状態を目指すための施術

を行なっております。

特に坐骨神経痛に対して骨盤矯正と電気施術、手技療法を組み合わせて行う根本施術は当院独自の施術技術です。

電気施術もハイボルト、プロテクノエグゼ、楽トレと様々な電気機器がございます。

坐骨神経痛の治療器としてどれも効果的ではございますが患者様の症状に合わせて使い分けております。

身体の歪みに合わせてめいほく接骨院独自のソフトな骨盤矯正プログラムを行いながら周辺の筋肉の緊張を取るためにマッサージをして痛みの緩和を促進します。

坐骨神経痛自体は「神経」痛みなのですが、神経の症状は冷えると過敏になります。

寒くなる時期は痛みが強く出たりします。

夏には痛みが感じないという訳ではないですが、温めたほうが痛みがはやくとれます。

日常生活などによって一人一人最適な治療方法は異なります。

お身体の状態を見ながらあなた様に遭った治療プランを提案させていただきます。

 

坐骨神経痛の施術の目安料金

初めての方は、施術も含めまして60分ほどお時間をいただいております。

→アクセス・料金表

夜20時まで受付◎

土曜・日曜・祝日も営業◎

 

まとめ

坐骨神経痛とは疾患名ではなく症状を指す言葉で腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫されることで痛みやしびれなどを呈する症状の総称を指します。

坐骨神経はお尻から足へとつながる非常に長い神経のため、症状が現れる場所もさまざまです。

坐骨神経痛の原因となる主な疾患としては

①腰椎椎間板ヘルニア

②腰部脊柱管狭窄症

③変形性腰椎症

④腰椎分離症

⑤すべり症

などが挙げられます。

坐骨神経の症状はリハビリで改善を試みる場合が多いです。

症状が悪化する前に早めのリハビリをおススメします。

症例 | めいほく接骨院 北区上飯田院

  • 腰痛と坐骨神経痛 名古屋市 北区上飯田

    起床時の腰のだるさ、下腿部の痛みがあり整形にて坐骨神経痛と診断され来院。

    筋肉の張りや身体のゆがみが強かったので骨格の矯正を行い電気で深層部までアプローチ。

    1週間ほどこまめに通院してもらい、違和感程度まで回復しました。

    少し間を空けながらその日の状態を見つつ、痛みが出ないようさらに良くしていくために通院して頂いてます!

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

お客様の声 | めいほく接骨院 北区上飯田院

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいております

  • 坐骨神経痛 名古屋市北区上飯田

    2年間、苦しんできた坐骨神経痛(臀部から太ももに掛けての痛み足のしびれ)の症状が、めいほく接骨院さんに受診したところ、2回目の治療辺りから和らぎ楽になってきました。

    いつも週末にお世話になっております。本当にありがとうございます。

    これからも定期的に受診しますので、宜しくお願い致します。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。