シンスプリント

  • 走っているとすねの内側が痛む
  • すねの内側に添って押すと激痛がある
  • 運動の動き出しがかなり痛い
  • 骨がきしむように痛む
  • 歩いくだけでも痛みが出る

シンスプリントの原因は?

シンスプリントとは・・・

シンスプリントとは

下腿の内側の脛骨という骨(いわゆるスネ)の下1/3に痛みが発生する症状

骨折した時のような激しい痛みではなく

重だるいような鈍痛が特徴です。

 また

歩いたり、走ったりしても痛みがでて

ストレッチで伸ばそうとしても痛みが出ます。

土踏まずの低下や膝外反などのアライメント異常があると

骨膜炎を引き起こす可能性が高くなり

ひどいとスネの骨が疲労骨折する場合もあります。

疲労骨折だった場合

受傷後すぐにはレントゲンには写りません。

何日間か経過してくると徐々にレントゲンに写ってきます。

 

シンスプリントの原因は・・・

シンスプリントは

ランニング、ジャンプ、など足関節の繰り返しの動きによって

ふくらはぎの内側や後面に疲労が蓄積し

足の筋肉の柔軟性が低下し

その結果

ふくらはぎの後面内側筋群が引っ張られすねの骨に炎症が起き痛みとなります。

さらに

足の疲労でふくらはぎのクッション性が低下し

足関節の変形も原因となります。

シンスプリントの施術方法

シンスプリントの骨盤矯正

当院独自の骨盤矯正プログラムで身体の歪みを整え

ランニングフォームや体のバランスを整えていきます。

足に痛みが出ているからといってその患部だけに対してアプローチをかけるだけではなく

骨盤や、背骨なども調整していきます。

→骨盤矯正プログラム

 

特殊電気治療

→特別電気施術はこちら

 

アイシングによる冷却

シンスプリントの痛みが強い時は炎症が強いため

炎症を早期に抑えるためのアイシングをしていきます。

痛みが出た時の早い対処がシンスプリントの早期施術につながります

 

 

テーピング・生活指導

テーピングは筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性があるキネシオテーピングを使います。

このテーピングは張ったままで動かすことができ、さらに筋肉の補助をしてくれます。

痛みがなくなるまで練習は休んでは安静にしてください。

ふくらはぎの筋肉の柔軟性を出すためのストレッチと筋力アップのための簡単な運動を指導させて頂きます。

痛みが治まってきてもまた無理をして走っていまうまた痛みを出してしまいます。シンスプリントはしっかり治してから練習を再開しないと再発を繰り返してしまいます。

施術しながらランニングフォームの改善と筋力アップをやっていきましょう。

 

アクセス・料金

目安時間は30分~40分、初めての場合はじっくりお話を聞きますので60分くらい必要です。

→アクセス・料金はこちら

※土曜・日曜日も営業

症例 | めいほく接骨院 北区上飯田院

  • 名古屋市 東区 新栄 20代 女性 すねの内側の痛み

    陸上の練習中に、すねの内側が痛くなり、歩くのも痛みが出てきたということで来院。
    ふくらはぎのハリと痛みの場所からシンスプリントと判断しました。
    ソーマダインで電気施術し、アイシングで炎症を抑え、下腿は手技療法で筋肉をほぐしました。
    練習は痛みが取れるまで休んでもらいました。
    三週間ぐらいで痛みと炎症が徐々に緩和され、練習に復帰できるようになりました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

お客様の声 | めいほく接骨院 北区上飯田院

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいております

  • 名古屋市 上飯田 10代女性(シンスプリント)

    シンスプリントがくせになり痛かったのが、施術をしてもらって良くなってきました。

    電気施術はとても気持ちいいです!

    これからも怪我をしないようにストレッチ頑張ります!!

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。