腰部脊柱管狭窄症

  • 手術しないと良くならないと言われた
  • 手術はしたくない
  • 薬や注射以外の治療でよくしたい
  • 足がだるくなり長時間歩けない
  • お尻から足のしびれが気になる

腰部脊柱管狭窄症の最も特徴的は症状は間欠性跛行と呼ばれるものです。

これは歩いていると徐々に痛みで歩くことがつらくなり

休息をするとまた歩けるようになるという歩行で

長距離を歩くことが出来なくなります。

腰部脊柱管狭窄症では安静にしている分には症状はありませんが

立ったり歩いたりすると下肢にしびれや痛みなどが出て歩きづらくなります。

しかし少し姿勢を変えたり座ったりすると症状は軽減します。

進行すると排尿障害や頻尿

下肢の力が落ちるなどが出てくることもあります。

腰部脊柱管狭窄症とは?

「脊柱管狭窄症」とは

腰部の脊柱管が何らかの原因で狭くなり

脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることによって

腰痛や痺れをおこす状態です。

若年から高齢まであらゆる年代で発症する可能性がありますが50・60歳代~70歳代までの方々に多く発症する傾向にあります。

脊柱管狭窄症の症状の特徴として、しばらく歩くとだんだん下肢が痺れたり重くなったり

痛みが出たりして歩くことが困難になります。

しかし、「しばらく休むとまた歩けるようになる」という「間欠跛行(かんけつはこう)」という状態が脊柱管狭窄症の症状の特徴です。

脊柱管狭窄症はよく『完治はしない』と言われていますが

症状を緩和して痛みの出ないような身体を作ることは可能です。

 

(参考文献)公益社団法人 日本整形外科学会 腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の本当の原因は?

脊柱管狭窄症の原因は

一般的に加齢により背骨のS字カーブが正常でない状態で長期間維持されていることが原因の中で多いです。

その次にケガによるものなどが原因となります。

しかし、脊柱管狭窄症の症状はほとんどの場合は根本的な原因のある腰部ではなくお尻から足にかけて症状が出ます。

脊柱管狭窄症の施術とは?

体の歪みを骨盤矯正プログラムで整え

脊柱の正常な動きや正常な構造になるようにしていきます。

それと同時に股関節周りの筋肉にアプローチし

大腿四頭筋、ハムストリングス、腓腹筋、ヒラメ筋などの

足の筋肉の柔軟性を出す手技療法も行います。

 

その結果、筋肉による神経の圧迫を取り除き、痛みの出にくい体にしていきます。

めいほく接骨院では、痛みを取り除き症状の出にくい健康な身体づくりのためのメンテナンス施術も行なっています。

薬に頼った治療や手術をしたくないけど、脊柱管狭窄症でお困りの方は一度めいほく接骨院までご相談下さい。

 

 

アクセス・施術の料金

→アクセス・料金表

症例 | めいほく接骨院 北区上飯田院

  • 腰の痛み(腰部脊柱管狭窄症)名古屋市北区上飯田

    だいぶ良くなりました!

    起床時の腰のだるさ、下腿部の痛みがあり整形にて脊柱管狭窄症と診断され、来院。

    筋肉の張りや身体のゆがみが強かったので骨格の矯正を行い電気で深層部までアプローチ。

    1週間ほどこまめに通院してもらい、違和感程度まで回復しました。

    少し間を空けながらその日の状態を見つつ、痛みが出ないようさらに良くしていくために通院して頂いてます!

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

お客様の声 | めいほく接骨院 北区上飯田院

皆さまからたくさんのお喜びの声をいただいております

  • 腰部脊柱管狭窄症の痛み 名古屋市北区上飯田

    2年間、苦しんできた脊柱管狭窄症(臀部から太ももに掛けての痛み足のしびれ)の症状が、めいほく接骨院さんに受診したところ、2回目の治療辺りから和らぎ楽になってきました。本当にありがとうございます。

    これからも定期的に受診しますので、宜しくお願い致します。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。