ばね指(腱鞘炎)

  • 指がコクンとスムーズに動かない
  • 痛くて物が持てない
  • 赤ちゃんの頭をささえる親指が痛い
  • 細かい作業が痛くてできない
  • 料理人さん・職人さんで同じ動作が多い方

 

ばね指(腱鞘炎)になるのはなぜ?

腱鞘炎になるのはなぜ?

腱鞘炎というと

手首の炎症を思い浮かべるかもしれませんが

腱鞘炎は手首だけでなく指や肘が使い過ぎで炎症してしまうケースも多く見受けられます。

腱鞘炎は手首を曲げるのが痛い

ものを持つのが痛い

筋肉を同じ方向に動かす頻度が多いと

筋肉と骨とをつないでいる所に炎症が起きるパターンと

指の腱鞘炎の場合は腱鞘と腱がこすれあって炎症を起こします。

腱鞘は筒のような状態でその中にはいっている腱とこすれます。

腱鞘炎は炎症が起きて筒部分である腱鞘が小さくなってしまうと

腱の大きさは変わらないのでひっかかってしまい

バネ指のようにカクンカクンという動作になってしまいます。

腱鞘炎はバネ指になってしまうと、治りが遅くなります。

違和感がある段階で早めに腱鞘炎の施術をしていただいた方がいいですね。

職業柄手を休めることができない方は腱鞘炎の施術が長引くケースもあります。

腱鞘炎はしっかりと固定処置をしながら

手にかかる負担を少しでも減らしながら施術をしていくことが大切です。

 

 

腱鞘炎の施術方法

腱鞘炎の施術法

腱鞘炎は進行具合によって施術方法が違います。

初期の炎症が強い時期はアイシングをメインに電気刺激などで施術を行います。

ある程度の炎症がおさまったところで

今度は温めの施術に変えていきます。

温めの施術の場合はホットパックと電気刺激になります。

固定処置としてテーピングをおこないます。

腱鞘炎は手に負担のかからない動きにするためにテーピングが必要です。

テーピングは本当は毎日でも交換したほうがいいです。

指などの場合はご自宅で張り替えていただくこともありますが

なるべく通院していただいたほうがよいでしょう。

 

炎症をとるソーマダインやハイボルト施術器

ソーマダインやハイボルトは消炎・鎮痛効果が高い施術機器です。

一般的な整骨院や整形外科では置いておらず

専門的な施術をおこなう接骨院などに導入されています。

プロのスポーツ選手が筋肉のメンテナンスのために使用している施術機器です。

痛みの早期回復のためにおすすめしています。

 

ソーマダインとは?

ソーマダインとは、人間が本来持っている自然治癒力(治そうとする力)を最大限高めてくれる機械です。

この電気を流すことによって自然治癒力を3~5倍高めて治癒を促進してくれます。

人間はケガをした時に治す力をもともと自分で持っています。その手助けを行うのがこのソーマダインになります。

 

ハイボルトとは?

ハイボルトとは高電圧の刺激を筋肉や靱帯に短時間で流していき、痛みを減らしたり治癒促進の効果が期待できる電気治療の機器です。

また根本的な痛みの原因となっている筋肉や神経を探り当て直接アプローチしていきます。

腱鞘炎で手が痛いからといって痛みの原因が絶対手にあるとは限らないのです。

なぜかというと「手が痛い」と感じる神経はもともと首から出ており肩を通って肘を通って手首を通って指先に到達します。

なので痛みを感じる原因が首や肩にある可能性もあるのです。それらを総合的にみて治療を行うのがハイボルト治療なのです。

 

 

→様々な特別電気施術

目安時間と料金について

初めての施術は問診(症状や患者様の日常生活での負担などお聞きさせていただきます)も行いますので60分ほど、お時間をいただいております。急ぎの方はご予約を取られる際にスタッフにお伝えください。

例 〇〇時までに院を出たい。 

→アクセス・料金表

症例 | めいほく接骨院 北区上飯田院

  • 腱鞘炎(ばね指)名古屋市北区 上飯田

    主婦で家事をするときに親指の付け根あたりがだんだんと痛くなってきたので来院されました。

    家事で親指を使い過ぎたのが原因のようです。

    微弱電流とマッサージを丁寧に行い何回か通院していただきました。

    今は、しっかりと手を使えるようになりました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。